【トップ100・チャート】今週のピックアップ(07/21付)、Billie Eilish, Justin Bieber / FNCY / Post Malone, Young Thug / MIYACHI

毎日更新されるTYPICAオリジナル楽曲チャート。チャートにランクインされた楽曲のなかから、特に注目の楽曲をまとめてピックアップします。



Billie Eilish / bad guy (with Justin Bieber)

2001年生まれ、世界的に大きな注目を集めるアーティスト、Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)。07/12(Fri)にリリースされた注目のコラボ・シングルが、チャートにランクインされました。

デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』の人気曲「bad guy」リミックスであり、コラボ相手として、Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)をフィーチャーを本楽曲。12歳のころから、Justinのファンかつ初恋の相手であることも公言していた彼女ですが、今年4月に開催された全米最大級の音楽フェス「Coachella」(コーチェラ)では念願の初対面が実現。ステージでは、Ariana Grande(アリアナ・グランデ)のショウを繰り広げられるなか、客席エリアでハグし合う2人の姿がSNSを通じて世界的な話題となりました。

本楽曲では2バース目をJustinがソロで歌いつつ、イントロや後半のコーラス・パートでは2人によるデュエットが展開。イケてる「ワルい男」を歌った本楽曲ですが、長年トップを走り続けるだけでなく、絶え間ない誹謗中傷やゴシップから自身を救おうと努力するJustinに対して、彼女なりの最大限のリスペクトとエールを感じさせるコラボとなっています。

またカバー・アートワークには、Justinのポスターを部屋中に貼っている幼少期の彼女のスナップ写真がそのままピックアップ。何者でもなかった当時からの夢が叶った彼女ですが、まだ実現していないステージ上での共演にも期待が高まります。



FNCY / FNCY CLOTHES

ZEN-LA-ROCK、鎮座DOPENESS、G.RINAによるユニット、FNCY。07/10(Wed)にリリースされた待望のデビュー・アルバム『FNCY』の収録曲が、チャートにランクインされました。

2017年にリリースされた、ZEN-LA-ROCK「SEVENTH HEAVEN feat.鎮座DOPENESS & G.RINA」の反響を受けて、2018年から本格的に活動をスタートさせた、FNCY。同年にシングル「AOI夜」「silky」をリリースし、今年に入ってからは「今夜はmedicine」「DRVN’」などを発表。リリースと同時に公開されていた、スタジオ石(Mr.麿)が手がける各MVも話題となるなか、いよいよデビュー・アルバムの全貌が明らかとなりました。

アルバムには、これまでリリースされたリード・シングルやユニット結成のきっかけにもなった、ZEN-LA-ROCK「SEVENTH HEAVEN」(2017年)のリミックスなどを含めた、全11曲が収録。アルバム・リリースに合わせて公開された「FNCY CLOTHES」のMVでは、高層ビルのヘリポートで撮影された壮大なパノラマ映像や数十点にも及ぶ華麗な衣装チェンジを展開。オランダ・アムステルダムを拠点に活躍しているモダンディスコ・プロデューサー、Midas Hutch(マイダス・ハッチ)が手がけるトラックを乗りこなしながら、それぞれのスタイルでファッションを着こなす3人の姿が印象的です。

そしてアルバム・リリース当日には、渋谷モディにてリリース・ライブを開催。会場に訪れた数百人の観客に加えて、LINE LIVE配信を含めて述べ1万人以上のファンがライブを体感。先日、FNMNLで公開されたインタビューでは、グループの成り立ちやデビュー・アルバムの制作背景などが語られており、あわせてぜひチェックを。



Post Malone / Goodbyes (Feat. Young Thug)

米ニューヨーク州シラキュース出身のロックスター、Post Malone(ポスト・マローン)。07/05(Fri)にリリースされた注目のコラボ・シングルが、チャートにランクインされました。

オリジナル・シングルとしては、昨年末にリリースされた「Wow.」以来となる、およそ7ヶ月ぶりの新作に。正式なアナウンスはないものの、昨年の2ndアルバム『Beerbongs & Bentleys』に次ぐニュー・アルバムのリリースがリスナーのあいだで噂されており、本楽曲は新作からのリード・シングルと期待されている模様です。

そんななか、Young Thug(ヤング・サグ)との初コラボとなった本楽曲。リリックではガールフレンドについての悩みや別れを願う様子を歌っており、1バース目の冒頭ではPostyが尊敬する、Kurt Cobain(カート・コバーン)を引用した「俺とカートは同じ気持ちだ、キツすぎるプレッシャーは痛みになる」というパンチラインを投下。一方、Thugのバースではそれでも関係のヨリを戻そうとする様子が描写されており、前半と後半でPostyの心の揺れを感じさせます。

そして公開されたMVでは、ゾンビとなって蘇ったPostyがガールフレンドと向き合う姿が描写されており、さながらホラー映画のようなストーリーを展開。あわせてぜひチェックを。



MIYACHI / MESSIN feat. Jay Park and Bryce Hase

NYマンハッタン出身のラッパー、MIYACHI。07/03(Wed)にリリースされた待望のデビュー・アルバム『WAKARIMASEN』の収録曲が、チャートにランクインされました。

2017年にYouTubeを通じて公開された、Migos「Bad and Boujee」のビートジャック曲「BAD & ブジ」が瞬く間に広がり、英語と日本語を自在に操る姿が話題に。その後リリースされた、「英語わかりません 英語わかりません」と中毒性の高いパンチラインを繰り返すシングル「Wakarimasen」は「Spotify バイラルトップ50(日本)」1位を記録。2018年には、RADWIMPS「TIE TONGUE feat.Miyachi, Tabu Zombie」、ANARCHY「Run It Up feat. MIYACHI」などを筆頭に多くのコラボを果たし、確かなラップ・スキルやユニークなワードセンスを通じて多くの注目を集めてきました。

デビュー・アルバムには、レーベル〈Roc Nation〉に所属しているアジアを代表するラッパー・Jay Park(ジェイ・パーク)や、現在16歳のシンガー・Bryce Haseなどをフィーチャー。プロデューサーには、0445c、Big Banana、Brandon Kornなどが参加しており、MIYACHI本人のオファー中心に集結している模様です。

そしてジャケット・アートワークには、人気アーティスト・JUN INAGAWAが担当。今年7月から全国6カ所を巡る今作のリリース・ツアーが予定されており、お近くのファンはぜひチェックを。


以上、今週のピックアップでした。

Text by Ishikawa Takato

Link:
TYPICA TOP100
TYPICA TOP100(グローバル)