【トップ100・チャート】今週のピックアップ(08/11付)、Ariana Grande, Social House / King Gnu / Angel Olsen / Tohji

毎日更新されるTYPICAオリジナル楽曲チャート。チャートにランクインされた楽曲のなかから、特に注目の楽曲をまとめてピックアップします。



Ariana Grande / boyfriend (with Social House)

現在ワールド・ツアー真っ只中のシンガーソングライター、Ariana Grande(アリアナ・グランデ)。08/02(Fri)にリリースされた注目のコラボ・シングルが、チャートにランクインされました。

本楽曲でコラボしている、Social House(ソーシャル・ハウス)は、米ペンシルベニア州ピッツバーグ出身のMichael Foster(マイケル・フォスター)、Charles Anderson(チャールズ・アンダーソン)から成るデュオ。現在はLAを拠点に活動しており、Lil Yachty(リル・ヨッティ)をフィーチャーしたデビュー・シングル「Magic in the Hamptons」(2018年)で大きな話題を集めました。

2人は、Arianaの代表曲となったシングル「thank u, next」「7 rings」の作詞作曲およびプロデュースを手がけ、彼女の最新アルバム『thank u, next』に参加したことでも知られており、制作当時にお互い意気投合したことから今回のコラボに至った模様です。

Ariana本人のツイートリリックから伺えるように本楽曲は、傷つくことを恐れて彼氏彼女の関係を避けながらも、隠しきれないときめきや高揚感を表現。「あなたは私のボーイフレンドではないし、私はあなたのガールフレンドではないけど、あなたに私以外の女の子を触ってほしくない」と歌いつつ、MVで展開されているボーイフレンド(Michael Foster)との激しい嫉妬や駆け引きが話題となっています。

そして08/09(Fri)には、Social Houseにとって初のEP『Everything Changed…』をリリースしており、本楽曲「boyfriend」も収録。先日開催された都市型フェス「Lollapalooza」でのArianaのステージや、現在行われている彼女のワールド・ツアーにサポート・アクトとして参加するなど、今後のさらなるブレイクや関係性にも注目が集まります。



King Gnu / 飛行艇

怒涛の快進撃を続けるトーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル・バンド、King Gnu(キング・ヌー)。08/09(Fri)に配信リリースされた注目のニュー・シングルが、チャートにランクインされました。

大坂なおみ選手が出演しているANAの国内版TVCM「ひとには翼がある」篇のCMソングとして書き下ろしされた本楽曲。07/21(Sun)からCM放送が開始されたのち、ニッポン放送「King Gnu井口理のオールナイトニッポン0 (ZERO)」(07/25深夜放送回)で初のフル尺オンエアされました。

バンド屈指のロック・アンセムとなった「飛行艇」ですが、常田のインスタグラムによれば、自身の人生のバイブルという「紅の豚」へのリスペクトを込めている模様。ジャケットは、1stアルバム『Tokyo Rendez-Vous』のアートワークを担当したデザイナー・Makoto Arai(PERIMETRON)が手がけています。

また、先日開催された国内最大級の野外フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」に初出場を果たし、「飛行艇」のライブ初披露を含めた全9曲をプレイ。さらに10月から開催される今年2度目の全国ツアーのファンクラブ先行抽選受付もスタート。初の日比谷野外大音楽堂(東京)公演や全国のZepp会場を巡る合計13公演が予定されており、お近くのファンはぜひチェックを。



Angel Olsen / All Mirrors

米ミズーリ州セントルイス出身、現在はノースカロライナ州アッシュビルを拠点に活動しているシンガーソングライター、Angel Olsen(エンジェル・オルセン)。10/04(Fri)にリリースされる待望のニュー・アルバム『All Mirrors』からのリード・シングルが、チャートにランクインされました。

オリジナル・アルバムとしては、2016年にリリースされた3thアルバム『My Woman』以来となる、およそ3年ぶりの新作に。2017年にはデモ音源やカバーなどのレア・トラックをまとめたコンピレーション・アルバム『Phases』を公開したほか、Jeff Ament(ジェフ・アメン)「Safe in the Car」(2018年)、Mark Ronson(マーク・ロンソン)「True Blue」(2019年)でフィーチャーされるなど、コラボ・ワークを含む独自の活動を続けてきました。

本アルバムにはプロデューサーとして、Michael Harris(マイケル・ハリス)、John Congleton(ジョン・コングルトン)が参加しているほか、アレンジャーとして、Jherek Bischoff(ジェリク・ビショフ)、Ben Babbitt(ベン・バビット)に加えて、14人編成のオーケストラも招致。また制作当初は、ソロ・テイクとフルバンド・テイクの2バージョンを収録したダブル・アルバムというアイディアのもと進められたとのこと。その後、最終的には全11曲のアルバムに収められ、彼女自身「これほどの変化を受け入れたことは無かった」と語るほど冒険的な作品となっている模様です。

そして、アルバムのタイトル・トラックである本楽曲「All Mirrors」のMVが先日から公開。迷宮のなかに迷い込んだ彼女が鏡のなかにいる自身の内面と対峙するストーリーが展開されており、あわせてぜひチェックを。



Tohji / mamasaidloveme

都内のユースから熱狂的支持を集め、ボーダーレスな存在感を放っているラッパー・Tohji。08/07(Wed)にリリースされた注目の1stミックステープ『angel』の収録曲が、チャートにランクインされました。

ヒップホップ・コレクティブ「Mall Boyz」のメンバーとしても活躍し、2018年末にリリースされたEP『Mall Tape』が各所話題に。ソロとしてシングル「I’m a godzilla duh」(2017年)や、EP『1996』(2017年)、EP『9.97』(2018年)などを公開するなか、今年3月に開催した主催イベント「Platina Ade」で大きな熱狂を生んだことでも注目を集めました。

本ミックステープは、穢れのない天使像とは異なる、時代の閉塞感を絶ち切る希望の象徴としての「angel」を表現。クレジットには、KOHH、BAD HOPなどに楽曲提供を行っているビートメイカー・MURVSAKI、ロンドン出身のトッププロデューサー・Zeph Ellis(ゼフ・エリス)に加えて、Keith Ape(キース・エイプ)「It G Ma」にフィーチャリングされたことで世界的注目を集め、今年およそ6年ぶりのニュー・アルバム『Gradation』でメジャー・デビューも果たしたラッパー、Lootaが客演参加しています。

アートワークは、Post Malone(ポスト・マローン)、Rejjie Snow(レジー・スノウ)を手がけるロシア出身のアートディレクター・Anton Reva(アントン・レバ)が担当。そして本ミックステープから合計4本のMVが公開予定となっているなか、収録曲「HI-CHEW」のMVが先日から公開されています。あわせてぜひチェックを。


以上、今週のピックアップでした。

Text by Ishikawa Takato

Link:
TYPICA TOP100
TYPICA TOP100(グローバル)