【トップ100・チャート】今週のピックアップ(10/27付)、Frank Ocean / Shin Sakiura, Ryohu / Rex Orange County / Friday Night Plans

毎日更新されるTYPICAオリジナル楽曲チャート。チャートにランクインされた楽曲のなかから、特に注目の楽曲をまとめてピックアップします。



Frank Ocean / DHL

米ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のシンガーソングライター、Frank Ocean(フランク・オーシャン)。10/19(Sat)にリリースされた待望のニュー・シングルが、チャートにランクインされました。

2017年にシングル「Chanel」「Biking」「Lens」「Provider」などを連続リリースするなか、ニュー・シングルとしては、2018年のカバー・シングル「Moon River」以来となる新作に。昨年末には、本シングルのデモバージョンをパンツ一丁でラップする姿を、自身のインスタグラム・ストーリーにアップ。今年のリリース当日に放送された、Apple Music / Beats 1 Radio「blonded RADIO」の締めくくりに、本シングルのフルバージョンが初公開されました。

本シングルのプロデュースは、ドイツ出身のエレクトロ・プロデューサー / DJである、Boys Noize(ボーイズ・ノイズ)が担当。タイトルの「DHL」は、ドイツに本社を置く世界最大の運送会社「DHL」と同名であり、2017年にDHL輸送機の写真に「If I ever buy a plane」のキャプションを沿えて、かつてインスタグラムにポストしていました。

加えて本シングルのリリース前日には、HIV感染予防薬「PrEP」の認知拡大をメインとしたクラブ・パーティー「PrEP+」をNYにてオーガナイズ。そこでは、DJ / プロデューサー・Sango(サンゴ)を迎えた「Cayendo(Sango Remix)」ならびに、フレンチエレクトロを代表するデュオ・Justice(ジャスティス)を迎えた「Dear April(Justice Remix)」という2曲のニュー・シングルが公開されました(オフィシャルサイトで両曲ともに7インチ・アナログとしてリリース)。

先日公開されたインタビューではダンスミュージック・シーンへの興味を明らかにし、ファンのあいだで本シングル「DHL」のアートワークに次なるニュー・アルバムの存在を予期しているなか、さらなる今後の動向にも注目が集まります。



Shin Sakiura, Ryohu / More Life

東京を拠点に活動しているプロデューサー / ギタリスト、Shin Sakiura。10/23(Wed)にリリースされた注目のニュー・シングルが、チャートにランクインされました。

今年1月に2ndアルバム『Dream』をリリースしたのち、Opus Innとのコラボ・シングル「Partner」ならびに、maco maretsとのコラボ・シングル「Slide」を続けて公開。またプロデューサーとして、Rude-α、MGF、SIRUP、FLEUR、Kuro(TAMTAM)、向井太一などの作品を担当。リミキサーあるいはアレンジャーとして、AFRO PARKER、showmore、ぷにぷに電機、chelmico、原田知世などの楽曲を手がけるなど、多くのコラボで注目を集めています。

本シングルは、ラッパーのRyohu(KANDYTOWN)を初めてゲストに迎えた楽曲。Shin Sakiuraのジャジーでアーバンなトラックに、Ryohuによる肩の力を抜いたフロウが混ざり合った軽快なダンス・ナンバーとなっており、BUDDHA BRAND「人間発電所」の一節「気持ちがレイムじゃ モノホンプレイヤーになれねぇ」がフックに引用されています。

そして今年12月の東京・代官山UNITにて、Shin Sakiuraにとってキャリア初となるワンマン・ライブの開催が決定。キーボード、ドラムのサポートを加えた3人編成でのライブが予定されているほか、すでに先日からチケットの一般発売が開始されています。先日公開された単独インタビューとあわせて、ぜひチェックを。



Rex Orange County / Pluto Projector

英ハンプシャー州グレイショット出身のシンガーソングライター・Alexander O’Connor(アレクサンダー・オコナー)によるソロ・プロジェクト、Rex Orange County(レックス・オレンジ・カウンティ)。10/25(Fri)にリリースされた待望のニュー・アルバム『Pony』の収録曲が、チャートにランクインされました。

オリジナル・アルバムとしては、2017にリリースした2ndアルバム『Apricot Princess』以来となる、およそ2年半ぶりの新作に。2017年にはシングル「Best Friend」「Sunflower」「Loving Is Easy (featuring Benny Sings)」などをリリースし、Tyler, the Creator(タイラー・ザ・クリエイター)「Boredom」にゲスト参加したことで大きな注目を集めることに。今年初めに1年4ヶ月ぶりとなるシングル「New House」を公開し、続くシングル「10/10」のリリース前に本ニュー・アルバムの存在をツイートで示唆したことでも話題になっていました。

本アルバムは、イースト・ロンドンにある「ストロングルーム・スタジオ」で制作されており、作詞、作曲、録音、演奏のほぼ全てをRex自身が手掛けた、セルフ・プロデュース作となっている模様。共同プロデューサーは以前から親交のある、Ben Baptie(ベン・バプティ)が担当しており、本アルバムのミックスおよびエンジニアリングに参加しているとのことです。

そして今年の夏は「Glastonbury」「Lollapalooza」を始めとする世界各国のフェスに多数出演しており、先日放送された、BBC Two人気テレビ番組「Later… With Jools Holland」では収録曲「Face to Face」を初披露。さらに、イギリスにある「O2 Brixton Academy」2公演を皮切りに、イギリス、北アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどを巡るキャリア最大規模となるリリース・ツアーの開催をアナウンス。昨年に続き2回目の来日実現にも期待が集まります。



Friday Night Plans / Decoy

東京を拠点に国内外で話題となっているシンガー、Friday Night Plans。11/15(Fri)にリリースされる注目の2nd EP『Complex』からのリード・シングルが、チャートにランクインされました。

オリジナル・EPとしては、2018年にリリースされたEP『LOCATION-Los Angeles』以来となる、およそ1年3ヶ月ぶりとなる新作に。昨年から音楽活動を本格化させ、シングル「I’m Out」「Just One Wish」などを多数リリースするなか、竹内まりや「Plastic Love」カバーが大きな話題に。今年に入って、JJJ、STUTSとのコラボ・シングル「PRISM」や、TaeyoungBoy、向井太一のニュー・アルバムに参加するなど、多くのコラボが話題となっていました。

本シングルは、今年9月にリリースされた「All The Dots」に次ぐ2作目のリード・シングルに。リリースにあわせて公開された本シングルのMVは、常田大希(King Gnu、millennium parade)を中心するクリエイティブ・チーム「PERIMETRON」がディレクションを担当しており、国内のゲームCGチームと共同で制作したフルCG作品となっています。

また英メディア「i-D」や、米メディア「The FADER」でピックアップされるほか、リリースにあわせて「BBC Radio1 Xtra」(10/22放送回)で本シングルがエアプレイされるなど、海外からも注目を集めている模様。来月リリースされる2nd EP『Complex』に期待が高まります。


以上、今週のピックアップでした。

Text by Ishikawa Takato

Link:
TYPICA TOP100
TYPICA TOP100(グローバル)